フレーム表示する

--.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:-- | スポンサー広告

2009.11.07


Moira ~其れでも、お往きなさい仔等よ~ in Mabinogi レポ3


先日は「Moira ~其れでも、お往きなさい仔等よ~ in Mabinogi」にご来場頂き、誠にありがとうございました!有り難いことに各所で公演レポを書いて下さっている方々も多いので、ちょっとした裏話的なものと、知ってると更に楽しくなるMoira劇場でここはお送りしていこうと思いマ~ス↑
あくまで元のギリシャ神話の解釈は抜きにした、DVDの中で解る範囲の解説です。
第三弾です。まったくいつ終わるの!?ヽ(;´Д`)ノ
 

07.死と嘆きと風の都 -Ιλιον-

エレフは奴隷として売られ、ミーシャは遊女見習いとして売られました。
城壁を築くため奴隷達はイーリオンで働かされており、またミーシャは先輩遊女達と共に偶然にも同じイーリオンへ向かいます。遊女つうのはその字の通り、今でいう出張ヘルス嬢ですね(*´Д`)/ヽァ/ヽァ

20091017_07_01.jpg

一方エレフは過酷に働かされておりました。カワイソス(ノ∀`)
アルカディア同盟はこのイーリオンに頑丈な城壁を作り、各国と応戦しようとしていたのです。

20091017_07_02.jpg

石を運びつつも、変態神官に弄ばれる日々。
次第にエレフは自身の運命を恨むようになります。そしてタナトスはそんなエレフを心待ちにしているようです。「もっと憎め」と彼に囁きかけます。
「Moira(運命を司る女神=タナトスの母)をもっと憎め」と…

20091017_07_03.jpg

ある日、変態神官に襲われそうになっている少女をエレフが救出します。
なんとそれが生き別れた妹ミーシャだったのです。

20091017_07_04.jpg

20091017_07_05.jpg

過酷な生活の中で友情を深めた友、オリオンと共に三人でイーリオンを脱出します。
しかし神官を殺した罪を風神は赦さなかった。明らかに変態神官が悪いのですが、神にはその結果のみで情状酌量という言葉は無いようです。風神の怒りを買い、海を渡って逃げようとしていた三人はまたバラバラにされてしまいます。

この曲は長いので色々苦労しました。特に子供ミーシャのPCが古いので会場を逃げ回れるか心配しましたが、なんとかやってますね。オリオンカッコいい+(0゚・∀・) +

08.聖なる詩人の島 -Λεσβος-

20091017_08_01.jpg

ミーシャはレスボス島へと流れ着いたようです。
倒れているところをフィリスに助けられ、聖女ソフィアと出会います。

20091017_08_02.jpg

「怖れず揺るがず妬まず恨まず 誰よりも強かに 美しく世に咲き誇る 女に成りなさい」
ソフィアはミーシャの隠された能力を見抜き、彼女にたくさんのことを教えます。
この特殊な能力、後の曲でハッキリしますが、エレフは「人の死が見える(タナトスの使者が見える)」であり、ミーシャの能力は「未来を見る力(神託を聞く力)」。
ソフィアはミーシャのこの能力に気がつき、彼女を巫女として育てあげるのでした。

09.遥か地平線の彼方へ -Οριζοντας-

一方エレフは皆と離れ離れになってしまった後、一人の老人と出会います。

20091017_09_01.jpg

老人の名はミロス。エレフはこのミロスと共に再び離れ離れになってしまった妹ミーシャを探す旅を続けていました。ミロスもまた、ソフィアと同じようにエレフに様々な事を教え、彼を育てていきます。
やがてたどり着くは懐かしき故郷、かつて家族で幸せに暮らしていたアルカディア。
そこでエレフが見つけたものは…

20091017_09_02.jpg

ただ石を詰まれただけの粗末な二つの墓。彼の両親の墓でした。
墓には朽ちた花飾りが飾ってありました。当時の戦乱の世の中、生きる死ぬしかなかったそんな世の中でただの嗜好品である花飾りなどはとても一般人が持つものではなかったと想像できます。
おそらくこの首飾りは双子の実母イザドラの物でしょう。双子達をポリュデウケスに預けてからは、定期的に使者を通わすなどして、双子の成長を母として見守っていたのだと思います。
悲報を聞いて、自らか使者をよこしたのかまでは不明ですが、双子達を人生をかけて守り通してくれた部下達にせめてもの償いをしたのでしょう。

やがてエレフはミロスの元を離れ、青年へと成長します。
かつての師匠(ミロス)が教えてくれた通りにレスボス島を目指すのでした。

20091017_09_03.jpg

ようやく団長のメイン役、大人エレフの登場です+(0゚・∀・) +
ここからはずっと俺のターンだ!
 

21:22 | マビノギ

   トップへもどる   

Copyright(C) あっちゅん. All rights reserved.
Template designed by komame.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。