フレーム表示する

--.--.--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:-- | スポンサー広告

2009.11.10


Moira ~其れでも、お往きなさい仔等よ~ in Mabinogi レポ4


先日は「Moira ~其れでも、お往きなさい仔等よ~ in Mabinogi」にご来場頂き、誠にありがとうございました!有り難いことに各所で公演レポを書いて下さっている方々も多いので、ちょっとした裏話的なものと、知ってると更に楽しくなるMoira劇場でここはお送りしていこうと思いマ~ス↑
あくまで元のギリシャ神話の解釈は抜きにした、DVDの中で解る範囲の解説です。
うひょーもうパート4かよ そろそろ飽きてきたぜー!

10.死せる者達の物語 -Ιστορια-

それぞれの過去、未来、死せる者達の物語を歌い上げます。

20091017_10_01.jpg

互いに別々の場所でいつか出会えると信じあうエレフとミーシャの物語。楽しかった幼少時代。
一方レオンの物語もまた苦悩。彼は自分が信じる正義のために、戦い続けます。

20091017_10_02.jpg

そしてスコルピオスの物語。
彼が何故アルカディア軍に居ながら反逆の機会を伺っていたのかが、判明します。彼はレオンの腹違いの兄弟であり、レオンさえ居なければ王になるはずでした。また、同じ王の仔でありながら、正妻の仔ではないというだけで幼少時からレオンとの扱いの差は雲泥であったと想像できます。彼もまた時代の犠牲者であると言えますね。

20091017_10_03.jpg

見せ場ですので相当練習しました。おまけで本家と比較動画をあげていますが、完成したものを改めて見ると、なかなかの再現度ではなかったでしょうかね?割と満足しています。
人数足りなくて脇役兵士達が出てこないのが残念だけど!

11.星女神の巫女 -Αρτεμισια-

恩師ソフィアの手により、ミーシャは立派な巫女へと成長していました。

20091017_11_01.jpg

ミーシャには未来(神託)を読む力がありました。現にこの曲では沢山の神託と思われる節を歌っています。全ての結末はもうこの時、彼女には分かっていたものと思われます。愛する者(エレフ)にはもう会えないこと、自分が死ぬことも…。

「天球<そら>の隨に 嘆くのは【獅子宮】<レオン>」=レオンの未来
「夜空に架ける詩女神の橋は 紫へと至る終の虹」=エレフの未来
「運命<ミラ>の隨に 堕ちる【乙女宮】<パルテノス>」=自分の未来 etc...

ある日、スコルピオスの指示により、兵士達がレスボス島に侵入します。
彼らは生贄となる女を捕らえに来たのでした。

20091017_11_02_20091110210512.jpg

何故スコルピオスがヒュドラに生贄を捧げたかった(怒りを静めたかった)かまでは劇中の説明がないのでよーわかりません(;´Д`) ヒュドラとはギリシャ神話では9つの頭を持つ危険な怪物らしいっす。とにかく彼の「世界の王になる」計画にこれは必要だったようです。

20091017_11_03.jpg

ミーシャにはこうなることが全て分かっていました。誰かを犠牲にするぐらいなら私が行きます、と自ら進んで捕らえられます。彼女は運命<ミラ>に従うことを選んだのでした。

12.死せる乙女その手には水月 -Παρθενος-

捕らえられたミーシャは、スコルピオス自らの手により生贄として捧げられます。

20091017_12_02.jpg

一方エレフは時間差でレスボス島へ辿りつきます。ソフィアに話を聞き、急いでミーシャを追いかけますが彼が見たものは…

20091017_12_03.jpg

水中に沈みゆく、ミーシャの亡骸でした。彼女の指先には水面に映る月がありました。

20091017_12_04.jpg

最後まで出会うことが出来なかった二人の魂のかけ合い。
この曲は何度聴いてもウルウルしてしまいます(´;ω;`)ウッ…
幼い頃から水面に映る月を取れると信じてエレフを困らせていたミーシャ。彼女の夢が遂に叶ったのでした。

そして予告通り、「血塗れた花嫁」をタナトス自らが迎えにきます。
この場面はライブ独自の追加演出でしたね。懐かしいクロニカ様のテーマが流れるのが印象的でした。
「黒の歴史は改竄を決して赦さない」

20091017_12_05.jpg

それほど歌詞が多くないので苦労はしませんでしたが、思い入れのある1曲です。最後の掛け合いのとこなんか大好きです。名曲だなぁ。

ふ~ここでパート4も終了。結局終わらなかったぜフウハッハ
 

21:55 | マビノギ

   トップへもどる   

Copyright(C) あっちゅん. All rights reserved.
Template designed by komame.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。